最先端でローカル 新川崎エリアの魅力に迫る

最先端でローカル 新川崎エリアの魅力に迫る

新川崎エリアでは2000年以降「新鶴見操車場」跡地を中心に都市開発が進められています。都心へのアクセスの良さと自然環境の残るローカルな街として子育て世代からも注目が集まる新川崎エリアの魅力に迫ります。

開発テーマは「最先端技術の研究拠点」

新川崎エリアの開発テーマは「最先端技術の研究拠点」でした。2000年に行われた慶應義塾大学新川崎タウンキャンパス開校をきっかけにベンチャービジネス創出支援施設「かわさき新産業創造センター」、パイオニアのホームエンターテイメント製品の研究開発施設「パイオニア 川崎事業所」など研究の拠点となる施設の建設が次々と行われました。同時に、新川崎駅前の交通整備や駅前の飲食店の拡充が進み利便性の高い街へと発展を遂げています。

身近な自然を楽しめる

新川崎エリアには無料で楽しめる「夢見ヶ崎動物公園」をはじめ、水辺や四季の緑を味わえる「さいわいふるさと公園」など子どもも大人も五感で楽しめる公園施設が充実しています。その他、近隣農家による手作り野菜が並ぶ農産物直売所などもありローカルで身近な自然を味わうことができます。

おわりに

研究都市としてアカデミックな雰囲気を持ちながら子育て世代にも優しい都市づくりを実現する新川崎エリア。今後の動きにも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です